社宅暮らしのアイディアノート.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社宅暮らしのアイディアノート

社宅暮らしの転勤族!コンパクトにインテリアもDIYもお絵描きも楽しみたい、主婦3年目のアイディアノート



出雲&鳥取旅行へ行ってきた!その③

 

 

友人と合流し、出雲大社へ!

 

 

今回はいろんな縁を願う旅&砂丘を楽しむ旅。

友人は可愛い小銭入れに大量に5円玉を準備してきていた。

確かに、小さい神社とは違い、いろんなところにお賽銭箱が置いてあるし、祀られている神様もたくさんいらっしゃるのだろう。

今度から神社やお寺に行くならそういう準備をしようと学んだ。

f:id:mittsurin:20161121164222j:plain

 

 

f:id:mittsurin:20161121164252j:plain

やはり大きい!

前に来た時は下から硬貨を投げ入れることができたと思うのだが(はまると幸運とか言われていたはず)、今は網が張られていた。

日本人らしくて面白かったのになあ

岩とか池とかくぼみとか小銭はさんじゃう感じ、結構好きです。やらないけど。

たまに、なんでここに置いた~っていうとこに小銭あったりしますよね!

f:id:mittsurin:20161121164325j:plainf:id:mittsurin:20161121164351j:plainf:id:mittsurin:20161121164431j:plain

いたるところにウサギがいました。因幡の白兎伝説!

 

 

 

 

お昼ご飯は出雲そば!

f:id:mittsurin:20161121164546j:plain

親戚におそばを打つ人がいて、行くたびに食べさせてもらっているので、普通のそばでは満足できなくなってしまった私。

こちらのおそばはそばの味がしっかりしていて、腰も歯ごたえもあってとてもおいしかったです!!(^○^) 

冷たいおそばばんざい!

店舗のご案内 | 出雲そば 羽根屋

 

 

 

次の目的地は玉造湯神社。

出雲市駅から山陰本線で30分ほどにある玉造温泉駅で降りました。

ちょうどいいバスがなくて玉造温泉街を1時間弱ほど歩いたでしょうか。2泊分の荷物を持ちながらの移動は地味にきつかった…

 

そこで学んだこと。

・歩き回る予定の旅行は、チェックイン予定の宿に荷物を置かせてもらう!

 

今回、私はバックパッカー気分を味わってみたくて、リュックに2泊3日分の荷物をつめ、ポーターのショルダーバッグによく使う財布などを入れていた。

「ムダなものは持っていかず、シンプル思考でいくぞ!<(`^´)>」と意気込み、事前に写真を撮っていた次第である。

f:id:mittsurin:20161219214035j:plain

自分的には「最小限の荷物にできたし、わざわざ荷物を預けなくても大丈夫だろう」とたかをくくっていた。

 

しかし!

 

歩き回るには重かった…肩こった…

 

普通のリュックなので腰で支えるベルトもなく、全重量が肩に乗っていたからだろう。

これからは無理して小さいリュックに納めようとするのではなく、リュックよりももっと余裕のあるキャリーバッグに荷物をつめ、宿に預けてしまおう。お土産もキャリーに入るし。

そして、ショルダーバック一つで身軽に観光できるようにしよう!と心に誓ったのだった。

 

 

ヒーヒー言いながら玉造湯神社を目指す私たち。

荷物は重いわ、閉館時間も近づいているわで必死の形相。

途中、預かってもらえるジュース屋さんを発見し、救いを得る。

 

www.kankou-shimane.com

ジュースも疲れた体に染み入りました…!

 

 夕方4時半ごろ、ようやく玉造湯神社に到着したのでした。